2016年12月6日火曜日

普通の関西人が【山口市民】やってみた。

この記事はやまぐちの魅力 Advent Calendarの4日目のエントリーです。
僕は大阪府東大阪市の出身です。東大阪と言われても,どこかピンとこない方も多いかと思いますが,河内のあたり,と言われればなんとなくわかるのではないでしょうか。花園ラグビー場でも有名ですね。中小企業の町でもあります。
そんな僕が就職で山口市にやってきてもうすぐ5年になるわけですが,山口市に来てよかったなあと思った点をいくつか挙げたいと思います。

1. (必要最低限の)買い物で困らない

山口市は確かに田舎ではありますが,市街地にさえ出てしまえば(必要最低限の)買い物で困ることはありません。スーパーがたくさんありますし,ちょっと足を運べばイオンタウンやおのだサンパークでウィンドウショッピングができます。
まあ,ちょっと凝った買い物をしたければ県外に出る必要があるのであくまで「必要最低限の買い物」に限った話ではありますが,日常生活で困ることはあまりないです。

2. 人混みが少ない

僕は人混みが苦手です。たとえば梅田に行くと,あまりの人の多さに歩いているだけでも疲れ果ててしまいます。山口で人混みに出逢うことはあまりありません。「そこそこ買い物ができて,人混みが少ない」というのは,僕にとって気持ちよく過ごせる環境です。

3. イベントに人が集まる

確かに人混みは少ないのですが,何かイベントがあるとたくさんの人が集まってくるなあという印象があります。たとえばちょうちん祭り。日本三大火祭の1つということもあって,そこそこ大きいお祭りなのですが,とても盛り上がります。普段は閑散としている商店街にたくさんの人が集まっていて,山口市の底力を感じます,その他,ちょっとしたフリーマーケットにもそこそこ人が集まります。

4. 食べ物がおいしい

食べ物は重要ですよね。そこらのスーパーで買う刺身ですらおいしいです。大阪で食べてたゴムみたいなイカはいったい何だったんだろうって思います。もっといい魚を食べたければ,唐戸市場に行くといいですよ。何を食ってもうまいです。

5. 自然を満喫できる

キャンプ場もそこそこありますし,カヌーだってできます。春は桜が,秋は紅葉がきれいです。ちょっと行けば自然を満喫できるところがたくさんあります。
関西人の僕にとっても山口市は「心地よく不便」なところです。あなたも山口で過ごしてみませんか? おいでませ山口へ!

2016年10月11日火曜日

「おとな」になるということ

もうずいぶん前に自動車学校に通い始めたと言っていましたが、卒業検定に合格し、本日免許を取得しました。これで「運転できるのはマリオカートだけです」と言わなくて済みます。

免許を持っていなかったことは僕にとってちょっとした劣等感になっていて、じゃあ取ればいいじゃないかという話なんだけど、なんだか取りたくない自分もいて、ずっと取ってこなかったんですよね。そもそも車には(免許をとったいまも)さっぱり興味ないですし、それを言い訳にしてきたところもあります。

なんでずっと取りたくなかったのかな、とぼんやりと思いを巡らしてみると、要は「おとな」になりたくなかったんだと思います。僕にとって免許持ちは「おとな」で、免許のない自分は「車に乗る」という責任を回避できる「こども」でした。「できない」ということは、活動の範囲が狭いということでもありますが、逃げ口上にも使えてしまうところがあるように思います。免許をとったいま、いよいよ「おとな」の仲間入りになるのかなあ、などとぼんやりと考えています。もちろん37歳なのでとっくに大人なんですけどね。

たかが免許ひとつで何を大げさな、と思われちゃいそうですが、僕にとってはけっこう大きなテーマなんです。子どものときに一度時間が凍りついてしまった自分の。

まあ通勤には相変わらずチャリを使うつもりですが。でも、仕事の幅は広がりますねー。

2016年9月7日水曜日

日本人間性心理学会第35回大会で奨励賞記念講演をしてきました

企画・講演・総会・懇親会 | 日本人間性心理学会 第35回大会

めっちゃ個人的なことをたくさん話してきました。あまりまとまって話してこなかったことも、なかなか人に話せなかったことも。でも、全部自分の研究や実践につながってるし、話さないと伝わらないんです。人様にお伝えするためにも、そして自分自身のためにも、話せて本当によかった。聞きに来てくださった方々、丁寧に聞いてくださって、ありがとうございました。

研究業績だとか権力だとかそういうものにはほんとに興味なくて、ただただ、自分の人生を素朴に生きていきたいなあと改めて思いました。

たくさん笑いがとれてよかった!(結局)

2016年7月8日金曜日

mikutterでRhythmboxの #NowPlaying をツイートできるようにした

ずっとほしかった環境を作ることができたのでメモ。以下のページを参考にしました:
まずtweetnowplaying.pyをつくります。
#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

import subprocess
from requests_oauthlib import OAuth1Session

CK = 'XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX'                             # Consumer Key 
CS = 'XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX'         # Consumer Secret 
AT = 'XXXXXXXXX-XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX' # Access Token 
AS = 'XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX'         # Accesss Token Secert

# ツイート投稿用のURL
url = "https://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json"

# コマンド
cmd = "rhythmbox-client\t--print-playing-format=#NowPlaying \"%tt\" by %ta from \"%at\""

# ツイート本文
params = {"status": subprocess.check_output(cmd.split("\t"))} # 標準出力を返す

# OAuth認証で POST method で投稿
twitter = OAuth1Session(CK, CS, AT, AS)
req = twitter.post(url, params = params)

# レスポンスを確認
if req.status_code == 200:
    print ("OK")
else:
    print ("Error: %d" % req.status_code)
保存して $HOME/bin に置きます。
  1. mikutter上で任意のコマンドをショートカットキーなどで実行できるようにするプラグインをインストール。Mikutterを再起動します。
  2. [設定]→[コマンド実行]→[command]に”python $HOME/bin/tweetnowplaying.py”と書いて[追加(A)]をクリック。
  3. [ショートカットキー]→[追加(A)]→[window]→[コマンド実行 python $HOME/bin/tweetnowplaying.py]を選択→[キーバインド]をクリックして[Ctrl]キーを押しながら[P]キーを押して[OK(O)]をクリック→さらに[OK]をクリックし,キーバインド一覧に追加されていることを確認します。
Rhythmboxで再生している楽曲の情報をMikutter上で[Ctrl]+[P]することでツイートすることができるようになります。おためしあれ。

2016年5月5日木曜日

神戸市立博物館に行ってきた

ある後輩同士の,三宮での結婚式にお招きいただき,お祝いをしてきました。ずいぶん長い間つきあっていたお2人なので,晴れの舞台なのにいつもどおりというか,すごく安定しているというか,そんな感想でしたねー。人様の結婚式のことをブログに書くのも野暮なのでこれ以上は書きませんが,末永くお幸せに。
その後ホテルに1泊し,その翌日に,親しくしていただいているあわしろいくやさんのお誘いで,神戸市立博物館に行ってきました。ほとんど行ったことがなかったのですが,博物館っておもしろいもんなんですねー。特に,その街の歴史を知るのがおもしろかったです。
街にはずっと昔から,いろいろな人が暮らしていて,どういう過程でいまに至ったのかなあ,日々の暮らしの中でどんなことを感じてきたのかなあなどと思いを馳せ,感慨深いものがありました。もともと人間ドラマが好きなわけで,おもしろくないわけがないですよねえ。
もともと暗記が大の苦手で,そもそもなんで年号を覚えなきゃいけないのか,1年くらいずれたところで何の問題があるのか,語呂合わせで暗記することに何の意味があるのかとか全然理解できなくて, 学校の歴史の勉強が大嫌いでした。学校の歴史の勉強のせいで,僕はずいぶん損をしてきたんじゃないかなあと思ってしまいましたよ……。でも,評価をするには試験をつくらないといけないわけで,試験をつくるためには正解・不正解が必要なわけで,正解・不正解を用意するには年号を出題するのが手っ取り早いわけで,教育っていったい何なのかなあとか……,ってこれはまた別の話ですね。
博物館巡りが新しい趣味になりそうです。とりあえず,地元の歴史民俗資料館に今度行ってみましょうかね。

2016年5月4日水曜日

なぜ私はガルパンにハマれないのか

偶然あんこう鍋を食べに大洗に行ったことのある割には、『ガールズ&パンツァー』を観たことがなく、周りに観ろ観ろと言われ続けてきました。映画化され、10回以上足を運ぶガルパンおじさんも現れる中、Amazonプライムビデオで配信されていたので、先日ようやく全話観ました。

結論としては、やはりハマれなかったのです。

周りの人がハマっているのに、なんでかなあと考え続けてきたんですけど、ようやくその理由がわかってきました。

それは、私は「非日常を非日常として描かない作品が苦手だ」というものです。

ガルパンは、戦車道というものがあって、戦車に女子高生が乗るのが乙女のたしなみだということが前提でお話が進んでいきます。この時点でもうだめなようです。「それってどういうことなの?」、「どういう過程でそういう話になったの?」といちいち考えてしまいます。いちいち考えて、ある程度自分の中で納得できたら楽しむことができるのですが、ガルパンについては私は納得できないまま最終話を迎えてしまいました。

たぶん、いちいち難しく考えちゃうみたいです。ぶっ飛んだ世界観を提示して、「これが当たり前だよ。それ以上考えなくていいから」というのを前提にされると、私の場合すごく困るみたいです。

同じことは『艦隊これくしょん~艦これ~』にもいえて、なぜ戦艦が若い女性(艦娘)として描かれているのか、そもそも戦艦がなぜお風呂に入っているのか理解に苦しんでいたら、よくわからないまま終わってしまいました。

非日常の世界を提示して、その裏設定を視聴者に考えてもらうことをエンターテイメントの要素の1つとして取り入れている作品は好きみたいです。『AIR』とか『魔法少女まどか☆マギカ』とか、まさしくそうですよね。

あと、メカメカしいものに対する憧れがまったくないので、戦車とか戦艦とかの魅力もよくわかりません。そういうのよりも、キャラクターが成長する人間ドラマに興味があるみたいです。

日常ものでいうと、『けいおん!』は成長物語です。ちょっとわかりづらいですけど『きんいろモザイク』も成長するお話です。一方で『ご注文はうさぎですか?』はあまり成長が描かれていないように私は感じているので、そんなに好きではありません。まあ、チノは成長していってますけどね。

でも、終わりなき日常に閉じこもってしまうのは好みではないです。『けいおん!』は卒業の続きを描かないで、あのままちゃんと終わってほしかったなあ。

アニメ以外でいうと、『007 スカイフォール』はジェームズ・ボンドもかっこいいですし、苦悩しながらも成長するボンドを描く人間ドラマがすごく好きですね。3回くらい観ました。『海街diary』もすごくよかったです。

だからなんだという話ですが、自分の中で一定の結論がでたのでまとめてみました。こういうこともいちいち考えちゃうのが僕の癖なんでしょうねえ。

2016年4月14日木曜日

論文の書き方講座をした話

構造化が適切になされていない,可読性の低い,人類には早すぎる論文の爆誕を阻止するために,ゼミで論文の書き方講座をしました。こういうことをずっとやりたいと思っていたのですが,どんなふうに教えれば効率がよいかわからず,1年以上悶々と考え続けた成果物です。
文章の構造を教える上で, Markdownに白羽の矢を立てました。構造化を意識すると”気持ちよく”文章を書けるのがMarkdownだと思うんですよね。Pandocでテンプレートを指定して,卒論フォーマットのWord文書に変換できると知ったのもポイント高かったです。実演してみせたとき,学生さんから「おーっ」と声が上がり,「あ,いまのたかし的にポイント高い!」って思いました(謎)
エディターにはMeryを採用しました。アウトラインが表示できるのも便利です。また[外部ツール]の実行ができるので,これを利用してクリック一発でPandocを呼び出せるようにしました。
参考までに,Windows版のPandocは次の場所にインストールされます。
%UserProfile%\AppData\Local\Pandoc\pandoc.exe
昨日の記事Markdownで書いてMarkdown HereでHTMLに変換しています。もちろんこの記事も。Markdown便利ですね。
Markdownを書けるようになることではなくて,文章の構造化をできるようになることが最終目標ですから,別にWordで書いていただいてもよいのです。この講座がちょっとでもお役に立ってたらいいんですけどね。ついでに,オープンソースソフトウェアっておもしろいなあって思ってもらえたら嬉しいという気持ちもあったりします。ちょっとだけですけどね!