2018年1月8日月曜日

年末年始に観た映画

年末年始はAmazonプライムビデオで映画を見まくっていました。

くちびるに歌を

ありがちなお話といえばそのとおりですが,最後にはみんなが救われる,やさしいお話でした。最後のガッキーの笑顔がよいですね。ガッキーが笑うたびに「ガッキーの笑顔いただきました!」とかぶつぶつ言っていました。

planetarian〜星の人〜

キネティック・ノベルはすでにPC版で読んでいて,付録の小説も既読でしたが,お話はすっかり忘れてしまっていました。当時ボロ泣きしたのはよく覚えていましたが。アニメ版もよいですね。最後,救いのあるお話に改変されていたっぽいですが,それはそれでKey作品らしくてよいです。まあ鍵っ子としては,『智代アフター』のような厳しい現実をたたきつけられるKey作品も大変好きなのですが。

インデペンデンス・デイ

いまさら感がありますが,観たことがなかったので観てみました。いかにもアメリカンなお話でしたが,エンターテイメントとしてはこれでよいのでしょう。爆発シーンが出てくるたびに盆回しをBGMに流したくなる私はおっさんのニコ厨ですね。

ソロモンの偽証

前篇の引きはとんでもなかったです。映画を劇場で観た人は後篇が待ち遠しかったことでしょう。後篇は,見ていて尺不足というか,特に柏木君の人物描写が浅くて唐突感がありましたが,映画だとこれが限界なんでしょうねえ。原作を読んでみたいと思いました。

ゲゲゲの女房

淡々とした描写の続く映画で,正直言ってそんなにおもしろいとは言えないのですが,なぜか心に残る作品でした。時代設定は古いのに,なぜか現代の風景が出てくるなど,全体を通して観客に「奇妙な感じ」を抱かせる演出が見事だと思いました。

犬神家の一族 (2006)

一度見てみたかったのですが,古い作品だと怖すぎるかと思ってこちらにしました。お話の作り方等,やはり名作ですね。とてもおもしろかったです。最近の役者さんが出ているのに血糊や死体などが作り物感満載だったりと,わざと古めかしく作っているのもおもしろいと思いました。1976年版と見比べてみるのもおもしろそうです。
さてさて,正月ボケもそこそこに,そろそろ日常に戻っていきますかね。

2018年1月4日木曜日

2018年を迎えて

あけましておめでとうございます。
去年の抱負は「文句を言う前にまずは自分が動く」でした。この抱負についてはわりといい線いってたと思います。ただ,昨年末も書いたように,もう少しわがままになってもよいようなシーンがいくつかあったように思います。
そこで今年の抱負は,「豊かになるためにわがままになる」にしたいと思います。
いくつか例を挙げると,ずっとコーヒーに凝りたいと思ってコーヒーミル等をみてきたけど,貧乏性が災いしてずっと買ってきませんでした。たとえばちょっとお金を出してでもそういうのを買うとか。事務仕事に追われてやりたい研究ができないのであれば,事務仕事をちょっとサボってでもやりたい研究の時間を確保するとか。
ちょっとした豊かさから,大きな豊かさまで,それを実現するために,わがままになる1年にしたいと思います。
わがままでいけ好かないやつになっているかもしれませんが,今年1年もどうぞよろしくお願いいたします。
追伸 2018年1月1日付でレベルが上がって准教授になりました。肩書きにはさっぱり興味ないですが,まあこれも一区切りですねえ。今後も変わらずお付き合いくださいませ。以上ご報告でした。

2017年12月31日日曜日

2017年を振り返ってみる

今年は激動すぎる1年でした……。某資格対応やら異動案件で,特に10月以降はまったく身動きがとれませんでした。そんな1年を振り返ってみたいと思います。
まずは今年の業績から。

業績

論文

  1. 押江隆・藤田洋子・植木美紀・多田佳歩・鞠川由貴・溝口英登・森原梓・山本優子・渡邊弓子(2016). PCAGIP法にパーソン・センタードな個人スーパービジョンを組み合わせた「リフレキシブPCAGIP」の開発, 山口大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要, 39, 109-118.

学会

発表

  1. 押江隆(2017). 挫折体験のストレス評価と問題意識性,フォーカシング的態度および外傷後成長との関連の検討, 日本心理臨床学会第36回大会(ポスター発表).
  2. 押江隆・山根倫也・坂本和久・玖村奈美(2017). 体験過程スケールによるリフレキシブPCAGIPのプロセス研究, 日本人間性心理学会第36回大会(口頭発表).
  3. 玖村奈美・押江隆(2017). 愛着スタイルがネガティブな反すうに及ぼす影響と認知的共感性の緩衝効果の検討, 日本人間性心理学会第36回大会(口頭発表).
  4. 小笠原歩・押江隆(2017). 依存の回復の過程についての研究──アルコール依存からの回復を対象として, 中国四国心理学会第73回大会(ポスター発表).
  5. 坂本和久・押江隆(2017). テーブルトークRPGのプロセス研究, 日本人間性心理学会第36回大会(口頭発表).
  6. 矢野慶次郎・押江隆(2017)ほめることがほめ手に与える影響の検討, 中国四国心理学会第73回大会(ポスター発表).

自主企画

  1. 髙橋紀子(筆頭発表者)・吉村麻奈美(連名発表者)・吉川麻衣子(連名発表者)・押江隆(連名発表者)・野島一彦(連名発表者) ・下田節夫(連名発表者)・岡村達也(連名発表者)(2017). グループ実践について、世代を超えて語り合う会, 日本人間性心理学会第36回大会(自主企画).

講演会・研修会等

  1. 「新しい事例検討法『PCAGIP法』を体験する(第5回)」講師(山口大学教育学部)2017年1月23日
  2. 「体験! ひとくち心理学」ファシリテーター(中市コミュニティーホールNac)2017年2月25日
  3. 「ともに支えあう心理臨床」講師(日本犯罪心理学会中国地区研修会)2017年3月4日
  4. 「コミュニティプレイセラピーのこれまでとこれから」講師(日本人間性心理学会中国四国部会第2回研修会)2017年3月11日
  5. 「生活相談員研修会(生活相談のためのコミュニケーション法「人生の交差点」)」講師(山口県警察本部)2017年6月30日
  6. 「付添人としての少年・保護者への面接技法」講師(山口少年友の会)2017年10月2日・11月27日
論文が少ないですが,あと2本書いていて,そのうち1本は修正再審査で現在修正中,もう1本は絶賛執筆中です。
学会発表をたくさんしていますが,そのうちの多くは学生さんの仕事が花開いた結果といった印象です。テーマの一貫性のなさ,よくいえばdiversityが,いかにもうちのゼミらしくていい感じですね。
こうしてみると,身動きがとれない割にはがんばってるじゃないかと思いました。「体験! ひとくち心理学」のような,おもしろい仕事ができたのもよかったです。来年は,もっとおもしろい研究ができるといいなあ。いま,ちょくちょく準備を進めているところです。
それにしても忙しすぎて,本をほとんど読めなかったのが辛い1年でした。まあ忙しい言うてる割にはもりもりゲームしてましたが。Nintendo Switchの手軽さおそるべし。ゼルダBotWにスプラトゥーン2にマリオオデッセイにと,任天堂ファンにはたまらない1年でしたねえ。

今年の抱負の進捗どうでしたか

今年の抱負は「文句を言う前にまずは自分が動く」でした。この抱負は達成できたように思っています。ただ,もうちょっとわがままに動けたらよかったかな,と思うシーンも多々ありました。来年の抱負は,このあたりをふまえて決めたいと思っています。
というわけで,今年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年12月1日金曜日

ロクヨン徒然草

この記事は任天堂 Advent Calendar 2017 1日目の記事です。
いにしえのインターネットには,Netnewsといわれるものがありました。いや,いまでもあるんですが。 ざっくりいうと,記事を投稿して,議論するところです。議題によって話すところがわけられている(グループといいます)が,その1つとしてNINTENDO 64について議論するグループfj.rec.games.video.home.nintendo64がありました。
64ボーイだった当時の私は,このグループに記事を投稿しまくっていました。当時は宅浪中で,友達がいなくて寂しかったこともあるのでしょう。
その頃連載(?)していた「ロクヨン徒然草」を,Googleグループのアーカイブからひっぱり出してきてご紹介します。いま読み返すと,とんでもない黒歴史です。でも,当時は楽しかったなあ。
いやー,「つれづれなるままに、ひぐらしキーボードにむかひて、ロクヨンにうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」とか,黒歴史もいいところですな。恥ずかしすぎる。なんでもアーカイブに残っちゃうインターネットこわい。まあでも,当時から本名まるだしでバレバレなので,諦めることにします。
NINTENDO 64を発売日(いまでも覚えています,1996年6月23日)に買って,ソフトがなかなか出なくて,マリオ64で遊びまくって。そこから任天堂の熱心なフォロワーとしての人生が始まりました。というわけで,しばらく私の任天堂愛について語りたいと思います。私以外誰も登録してないので,私以外の任天堂大好きっ子にも書いていただけると嬉しいです。
以上,ランドネットDDには加入しなかった押江がお伝えしました。

中国四国心理学会と日本心理臨床学会に参加してきました

中国四国心理学会第73回大会

  • 小笠原歩・押江隆(2017)依存の回復の過程についての研究──アルコール依存からの回復を対象として 中国四国心理学会第73回大会(ポスター発表)
  • 矢野慶次郎・押江隆(2017)ほめることがほめ手に与える影響の検討 中国四国心理学会第73回大会(ポスター発表)

日本心理臨床学会第36回大会

  • 押江隆(2017)挫折体験のストレス評価と問題意識性,フォーカシング的態度および外傷後成長との関連の検討 日本心理臨床学会第36回大会(ポスター発表)
学会発表に加えて,某資格対応やら何やらで嵐のように忙しく,10・11月はほとんど身動きがとれませんでした。12月は時間がとれそうなので好きなことやろうっと。
まずは大量の積読本の消化から始めますかね。オープン・ダイアローグ本#犬4匹本を読むのが楽しみすぎる。

2017年9月13日水曜日

日本人間性心理学会第36回大会で発表してきました

  • 髙橋紀子(筆頭発表者)・吉村麻奈美(連名発表者)・吉川麻衣子(連名発表者)・押江隆(連名発表者)・野島一彦(連名発表者) ・下田節夫(連名発表者)・岡村達也(連名発表者)(2017)グループ実践について、世代を超えて語り合う会 日本人間性心理学会第36回大会(自主企画)
  • 坂本和久・押江隆(2017)テーブルトークRPGのプロセス研究 日本人間性心理学会第36回大会(口頭発表)
  • 押江隆・山根倫也・坂本和久・玖村奈美(2017)体験過程スケールによるリフレキシブPCAGIPのプロセス研究 日本人間性心理学会第36回大会(口頭発表)
  • 玖村奈美・押江隆(2017)愛着スタイルがネガティブな反すうに及ぼす影響と認知的共感性の緩衝効果の検討 日本人間性心理学会第36回大会(口頭発表)
この学会では毎年いい時間を過ごさせていただいています。この学会でお会いする方々は,「1年に1回お会いする大切な仲間たち」という感じがします。もっとお会いできるといいんだけど,「山口は近いようで遠い」んだよなあ。
自分の発表はともかく,院生さんが堂々と立派に発表されているご様子には,非常に感慨深いものがありました。なにしろ学部1年生からのおつきあいですからねえ。今後とも,よろしくね。

2017年7月26日水曜日

迷う力

僕が言うまでもないことですけど,僕は臨床の場面では「迷う力」が必要だと思っています。

人を理解する上で,何かしらの結論を出すことができれば,すっきりします。だけど,人なんてわかりっこないです。どれだけわかったつもりになっていたとしても,絶対にわかっていないのです。だから,少なくとも臨床の場では,迷いながら,すっきりせず,なんだかもやもやしているほうが正解なのです。わからないからこそ,もやもやするからこそ,「その人のことを理解しよう」という姿勢が生まれるのだと思います。そのもやもやを,もやもやのまま"置いておく"力が臨床には必要です。

人を理解する上で,理論はとても有用なものです。しかし,理論には人を「わかった気にさせようとする」力があります。それは甘い誘惑です。「わかった気に」なったほうが楽だからです。しかし,「わかったような気になる」ことはとても危険です。もやもやをもやもやのままにしておくことに耐え続けることは,明らかにエネルギーを多く消費しますし,決して経済的ではありません。それは,「無駄を省く」発想とは相容れないものです。

現代が「無駄を省く」発想こそが尊ばれる時代だからこそ,一見エネルギーの無駄でしかない「迷う行為」が貴重なのです。せめて臨床家ぐらいは大いに迷いましょうというのが,僕の臨床家としての考えです。これは,「専門家ならなんでも知っている」というような,一般的にイメージされる専門性とは大きく相反するものかもしれません。しかし,そういう専門性だってあるのだというのが僕の主張です。